コピーライツについては姿勢が厳しい

動画作成

youtubeについては、音楽の著作権に関してはかなり厳しい姿勢で対応しています。何も知らずにコピーライツのある音源を動画に採用してしまった場合、広告が付かなくなるか最悪ブロックされてしまうので十分な注意を払って利用することをおすすめします。他の動画サイトではbgmの使用に関してはお目溢しをしているサイトもありますが、youtubeに関してはかなり厳しい対応を見せているので注意が必要です。近年、Youtuberという職業が確立され、広告収入だけで生計を立てることが可能な時代になりました。そのような時代だからこそコピーライツについては厳しく対応することで、著作者の権利をしっかりと守り、クリエイティブな活動を積極的に応援しようという取り組みを行っているのがyoutubeです。特に、動画制作においてbgmは重要な役割を果たします。動画の雰囲気を構成したり、盛り上げたりする効果を期待することができるため、動画づくりには欠かすことができない要素なのです。bgmで自分の動画の特徴をアピールすることもできます。そのため、あえて著作権に対して厳しい姿勢で臨むことで、新たな制作活動の場を提供し続けています。

積極的にフリー素材を活用する

再生マーク

では、著作権を侵害することなくbgmを付けるにはどうすればよいのでしょうか。その答えとなるのが、積極的にフリー素材を活用するという方法です。インターネット上には無数のフリー音源が公開されていて、著作権フリーとなっているため自由に動画のbgmとして使用することが認められています。ただし、何もせずに勝手に使用してよいというわけではなく、必ずyoutubeの概要欄に使用している音源を表示させることは、動画投稿者として最低限のマナーであることを理解しておくことが大切です。ところで、一つ気になることは、カバー曲についての著作権の取り扱いです。ネット上には「歌ってみた」や「弾いてみた」等で有名アーティストの曲をカバーしている動画を多数見かけます。これらに関しては自分で演奏しながら歌ったり、友人に演奏してもらい自らが歌ったりした作品については著作権をクリアしているとの認識で一致しています。ただし、注意すべきはカラオケです。カラオケの曲に関してもコピーライツが発生しているため、それをbgmで使用することはコピーライツの侵害に当たるので使用することは認められません。