HOME>イチオシ情報>来場者は情報収集に来ているので、戦略的なマーケティングが必要

自社ブランドをアピールする機会

ブース

企業が展示会に力を入れる背景に、自社ブランドを積極的にアピールすることができるまたとない機会であるためです。展示会への参加にあたっては大規模な予算と人員を当て、それに魅力的な企画によって集客を狙います。特に、新製品の発表を控えている場合には、通常よりも力の入れ方が大きく異なります。ターゲットとなるのは趣旨にもよりますが、一般客から業界人まで様々な人が訪れる展示会の場合には、予め十分なリサーチをした上で企業の展示をより魅力的なものにするための工夫や努力をしているのです。企業がアピールできる最大の場所ということもあって、それぞれ力の入れ方が桁外れなのです。

マーケティング戦略の一環

展示場

マーケティングの一環としての展示会への参加は有意義なことです。出典に際しては傾向と対策を立てて、経済動向にも十分なリサーチを行います。そのうえで、マーケティング戦略に沿って展示をすることで、顧客の獲得に繋がります。展示会の来場者は業界人か一般人かで展示内容が異なってくるため、展示会の趣旨をよく理解し、リサーチをした上で企業は展示会に取り組んでいるのです。マーケティング戦略はその後の業績に直結します。

来場者のニーズを探る

展示場

展示会へ足を運ぶ来場者の主要な目的は、情報収集にあります。展示会の内容によって展示物は多種多様ではありますが、最新の情報に接することができるため、来場者の期待も大きく膨らみます。それに応えるためにも、どうしたら人を引きつけて販売促進につながるかという研究は、企業側も熱心に行っています。マーケティングに直結するまたとない機会が展示会であることから、来場者のニーズや心理の把握が大きな鍵を握っているのです。